• 大腸内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査

大腸内視鏡検査

痛みが少なく、短時間

日本人の大腸がんが増えています。
早期発見/治療のために、検査を受けましょう。

毎月1回、検査を行っています。まずは1度受診していただき日程については後日こちらからご連絡させて頂きます。

次回の大腸内視鏡検査の検査日は6月2日(土)です。

検査までの手順

検査
1週間前
前処理として、血液検査を行います。 検査前日から当日にかけて服用していただくお薬などをお渡しし、検査の説明をさせていただきます。
検査当日 お渡ししてあるお薬を朝から服用して下さい。
食事はできません。お水は飲んで頂けます。
指定された時間に診察券・保険証をお持ちになって来院して下さい。
約2時間ほどで、お帰り頂けます。

大腸内視鏡検査の費用は?

大まかな目安です。初診から前処理も含む金額になります。

3割負担 1割負担
内視鏡のみ 7,000円 3,000円
生検あり 11,000円 4,500円
ポリープ切除 26,000円 9,000円

大腸内視鏡検査とは?

この検査は、肛門から内視鏡カメラを挿入して大腸の粘膜を観察し、異常があるか否かを調べる検査です。内視鏡を押したり引いたりして、腸の奥へと進めます。
病変が見つかった場合、写真を撮りさらに生検(病変の一部を針金で採取)をします。ポリープがあればスネアーという輪になった針金をかけて、高周波電流を通し焼切りします。平坦な病変には、粘膜に食塩水を注入して持ち上げ、粘膜の一部を含んで切除します。こうして採取された組織は、病理組織検査に提出しがんの検査を行います。

  • 大腸内視鏡検査
  • 胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

鼻内視鏡で楽に検査間

少量の鎮静剤を注射し、
苦痛なく検査が終了することを目指しています。

毎日施行しています。月平均60〜70名施行。
少量の鎮静剤を注射し、苦痛なく検査が終了することを目指しています。また最近は、鼻内視鏡を細い胃カメラで受けていただくことが多くなっています。舌根に触れないため嘔吐反射がほとんどなく、楽に検査を終えることが可能です。
原則、予約していただく検査ですが、胃痛が強い方で朝食をとっていない方は、即日内視鏡を施行することがあります。
お電話でも予約可能です。

検査までの手順

検査前日 夕食は午後8時までにすませ、その後は食べないで下さい。
お水・お茶・寝る前の薬は、飲んでも良いです。
◇ただし、つぶつぶ入りジュース・牛乳は避けて下さい。
 アルコール類は避けて下さい。
検査当日 朝起きたら何も食べないでおいで下さい。お茶かお水を2〜3杯飲んできて下さい。タオルを持参して下さい。検便の容器をお持ちの方は、持参して下さい。
 緊張を和らげるため、鎮静剤を注射します。終了後、ベットで十分休んで頂きますが、お帰りの際に眠気が残ることも考えられますので、できるだけ自動車を運転しての来院はご遠慮下さるようお願いします。

胃内視鏡検査の費用は?

健康保険で3割負担の方の場合

初診料、内視鏡検査に必要な薬剤・血液検査として 約2,000円
内視鏡検査(検査のみ) 約4,000円
内視鏡検査(細胞検査を行った場合) 上記に加えて 約4,000円

従いまして、6,000円〜10,000円となります。

胃カメラはつらいと聞いていますが?

少量の鎮静剤を静脈注射することにより、少し眠い状態となり楽に検査を終了できます。
血液の酸素濃度のモニターなどで安全に検査を受けていただけるよう配慮しています。

鼻内視鏡とは?

細い内視鏡を鼻から挿入することにより舌根に触れないため、嘔吐反射がなく楽に検査を終了できます。従来の胃カメラがつらかった経験をお持ちの方にお勧めです。
鼻に局所麻酔薬を散布し、ほとんどの方が挿入可能ですが、狭くてどうしても通過できないときには、ただちに口からの挿入に変更することがあります。

次回の大腸内視鏡検査の検査日は

6

2

日(土)

池田内科小児科/内科

〒947-0028 新潟県小千谷市城内2-6-5

0258-82-6568

診療時間/ 9:00 ~ 13:00
15:00 ~ 18:00

※木曜/土曜は午後休診
※休診:日曜日/祝祭日+年末年始/お盆